名刺についてを紹介!!

ビジネス必須の名刺

名刺と顔を一致させる方法

サラリーマンなどが初対面の人に自分の名前、部署、役職などを覚えてもらうために渡すのが名刺です。
交換をして自分を覚えてもらうのはいいですが、もらった名刺の名前と顔が一致しないという方が意外と多いようなのです。
今では顔を覚えてもらおうと写真付きを利用する人も増えていますが、予算の関係上やはり画像入りのものを使用する人はそれほど多くありません。
そうなるともらった方が工夫をして名前と顔を一致させるしかないのです。
有効なのがその人の特徴を名詞の裏に書いておくという方法です。
例えば口元にほくろがあるとか、メガネをかけているとかの身体的特徴でもいいですし、関西訛りがあるとかジェスチャーが大きいなどの話す際の特徴など気付いた点をメモしておけばいいのです。
名刺を整理する際にこういった特徴を見ることで、「ああ、あの人ね」と思い出しやすくなるのです。
ただここで注意したいのが特徴は鉛筆で書くということです。
自分がその人の特徴と思って書いたことが、その当事者にとってコンプレックスであることも多いので、仮に落とした際に見られると非常に相手に不快な思いをさせることがあるからです。
鉛筆であれば消しゴムで消せますのでその点が安心なのです。

初めて名刺を渡す新入社員

新入社員にとって緊張するのは初出勤の時、初めて電話応対をするとき、そして初めて名刺を渡すときではないでしょうか。
まったう面識のない方に対応するのは、結構緊張するものです。
電話応対などは相手に直接会わないので、早く慣れる人が大多数です。
ですが、面識のない先輩社員と同じくらいのキャリアを持っていそうな方に名刺を渡すことは、意外と慣れないものです。
どうやって渡したらいいか教わっているはずなのにたどたどしい動作になってしまうことはありませんか?これは、緊張しているからにほかなりません。
最初はだれでも緊張します。
でも、名刺を渡すということは相手と同じ土俵に立てているということになります。
これからよろしくお願いします。
これから一緒に頑張りましょう。
という気持ちを込めて相手に渡す作業をすると、緊張よりもやる気のほうが出てくるものです。
また、初めてお会いした方たちも必ず「緊張しないで」とか温かい言葉をかけてくださいます。
なぜなら、新入社員だった自分のことを心の底で覚えているからなのです。
自分もそうだったなぁ、君も頑張って!そんな想いがあると信じて相手に対峙すれば、緊張も和らぎ怖さもなくなることでしょう。

Favorite

誕生日プレゼント、母の日や父の日のプレゼントや、結婚祝い、出産祝いにもお勧めです。

北欧雑貨

安心・安全!自然の米ぬかパワーをお届けします。

ハンドケア 手袋

油絵複製画やパネルアート等の絵画販売から、あなたの大事な写真を絵画制作する注文絵画のオーダーも承っております。

絵画 販売

2016/11/14 更新

△ページトップ