名刺についてを紹介!!

ビジネス必須の名刺

デザイン名刺で相手に印象を残そう

社会人になると、何かと使うことになる名刺。
営業職等外部の人と触れ合う機会が多い人は、特に必需品となりますね。
ただ、真っ白い紙に会社名と名前が書いてあるのみだと、なかなか相手に覚えてもらうことも大変なことです。
特に、多くの人と触れ合うような人ですと、日々数多くの人と出会わなければならないため、一人ひとりについて覚えていることは難しくなります。
そこで、デザインを加えることで、相手に印象を残してみてはいかがでしょうか。
何かのキャラクターが載っていたり、その会社の商品の写真が印刷されているだけで、記憶に強く残りやすくなります。
記憶に残るということは、次回会う時もすぐに思い出してもらいやすくなります。
他にも名刺交換の時の話のネタにもなるため、会話を盛り上げることに一役を買います。
会社の地図や商品が載っていれば、説明も視覚的にしやすくなるため相手にも理解してもらいやすくなります。
名刺にデザインを入れて相手に印象を残してみてはいかがでしょうか。

個性で勝負。印象に残る名刺のデザイン。

名刺はビジネスマンだけのツールではありません。
他人との付き合いが発生する社会においては、どんな立場の人にでも自己PRに役立つツールなのです。
また店舗なら名刺が店の顔となって集客の一翼を担う重要な宣伝ツールです。
手に取った人の記憶に残りつつ、新規もリピーターも足を運びたいと思わせるデザインが必用です。
名前・役職・連絡先が記載されているのが一般的なスタイルです。
仕事を離れて、あるいは学生さんが自己PRの手段として持つなら写真入りや似顔絵等のイラスト入りはインパクトがあります。
長方形や楕円形やパズルのピースのような変形も他とは違った印象を残せるでしょう。
写真やイラストは恥ずかしいけど、少し個性を出すなら、髪の色を変える、紙の質にこだわる、活字印刷で凹凸をつけてみるのも効果的です。
SNSやメールアドレスなどIT化された情報だけでなく、デザインを活かしたアナログな名刺で初対面の人に印象付けしてみませんか。

Favorite

プラチナ高価買取

Last update:2015/6/25

△ページトップ