名刺についてを紹介!!

ビジネス必須の名刺

オリジナル名刺を作る際の名刺のサイズとデザインのポイント

名刺は、会社と自分の名前を覚えてもらうために必要な物で、第一印象をよくするためにもデザインやインパクトがあるものがいいです。
オリジナルで作る際、まず、サイズは51mm×91mmが一般的な大きさになるので、これを把握し、デザインに工夫しましょう。
その際のポイントとしては、まず、自己紹介を載せることがポイントとして挙げられます。
誕生部や出身地、趣味など、簡潔に載せることで、話題がスムーズに移行したり、共通な部分があったりして、盛り上がる可能性があります。
次に、自分をブランド化したり、肩書きを記載するのも非常に良いです。
オリジナルな肩書きにすることで、お客さんに得意分野をアピールできたり、重要なことを覚えてくれてたりします。
必ず、載せてほしいのが、顔写真や似顔絵です。
いろんな人から名刺を頂くと、顔が全然覚えていない、名前が思い出せないことが多々あります。
営業マンにとって、顔と名前を覚えてもらうことは、とても重要なので、印象に残すためにも、大きく載せたほうがいいです。
似顔絵が似ていなくても、イメージしやすかったり、印象に残ることが多いです。

定型となっている名刺のサイズに合わせたデザインを

名刺のサイズには幾つかの定型が存在し、新たにそれを製作する際にはその大きさを基準としてデザインしてゆく事となります。
その中でも最も利用されるのは、長辺91ミリ、短辺55ミリというサイズであり、一般に数多く販売されている名刺入れやストック用ファイルもこれらの大きさに合わせて設計されているのが普通です。
ですから、日本国内で通用する名刺を製作するには、この大きさの紙片の中に、必要な情報を全て見易い形で詰め込んでいかなければなりません。
氏名と所属組織と部署、連絡先、そして余裕があるのなら隣に顔写真も添えてデザインしていきます。
文字列の縦横は基本的に自由ですが、もちろんこれらは組織内で統一する事が必要です。
また縦読みでは顔写真を挿入できるスペースが少なくなるケースもあり、注意すべきでしょう。
これらの製作は今や個人でも、製作ソフトさえ導入すれば簡単に行える様になりました。
また少しづつではありますが、サイズについての自由も認められつつあり、自分オリジナルデザインのものを見る機会も増えています。

Valuable information

2015/8/17 更新

△ページトップ